株式入門投資大学


信用取引が現物取引と最も違うのは「売りから入る」ことができるのです。
◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆

株式入門投資大学
株取引いろいろ
信用取引と現物取引の違い

◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆

信用取引が現物取引と最も違うのは「売りから入る」ことができるのです。

普通の株売買というのは、まず株を買ってその株価が上がることを期待するわけです。が、「売りから入る」ということは株を借りてその株が下がることを期待することなのです。そしてこれを一般には「信用売り」と言います。

「株が下がることを期待する」なんて、なんだかちょっと複雑な気持ちですね。

ここで忘れてはいけないことは、「信用売り」の儲けは、買ったときより株価が下がった場合、その差額ということです。逆に株価が上がったときは損失になってしまいます。


◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆

危険な信用取引MENU

◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆
これだけは知っておきたい不動産投資のすべて

友達に教える

©株式入門投資大学